MOVIE

EVER GREEN COFFEE /「山と珈琲」/ 2023.11.13 / 六甲 市ヶ原

この日、場所によってはキレイに紅葉した木々も見れました。
紅葉のピークはあと少し、という時期だったでしょうか。

もう冬がそこまで来ていますね。

ひさしぶりの山行。
山の空気をたくさん吸って、吐いて、歩きながら、
少し早いですが今年のことを振り返ってみたりなど、しておりました。

そう言えば、「山と珈琲」もこれで11本目。
遊んでいるうちに、本数が溜まってきました。

YAVZ.COMはこの企画で溜まった楽曲たちを、
“a cup of Coffee”という作品にまとめてデジタルリリースしたりもしています。

なんでも、楽しく、コツコツ続けていれば。
EGC竹中は、自分にとって、その方法の先生のような友達です。

EVER GREEN COFFEE ONLINE STORE

EVER GREEN COFFEE /「山と珈琲」/ 2023.11.13 / 六甲 城山 北野谷

おひさしぶりの、山と珈琲。

自分が、ちょっと忙しくしてまっており、
日程の調整がなかなかできず、
だいぶ空いてしまいました。

山に行けていなかった期間の正直な気持ち、
とても山に行きたくてしょうがなかったです。

EGC竹中に案内してもらうトレッキングは、
気がつけば、自分にとって必要な時間となっていました。

「山と珈琲」の制作は、
気心の知れたEGC竹中と、YAVZ.COMと、時々、切り込み隊長ヤマシと、
自分にとって”リラックス”の時間になっていることに気がつきました。

この日の六甲は、最高気温が10℃を下回り、けっこう寒かったです。
衣服を脱いだり、着たりしながら、調整しました。
竹中が淹れてくれた温かい珈琲が、沁みました。

EVER GREEN COFFEE Instagram

EVER GREEN COFFEE /「山と珈琲」/ 2023.06.05 / 六甲 西山谷 愛情の滝

山では、場所にもよりますが、
次に一歩を出す場所や、
次に一手を伸ばす場所に、
常に意識的でいなければなりません。

この選択肢の連続が生む緊張感の継続は、
普段の日常生活ではなかなか経験できません。

山でしか入らないスイッチ、心と体の状態。
気がつくと、あの感覚に戻りたくなっていて、
また山に行きたくなったりしています。

だいたい2ヶ月に1度くらいのペースで
EGC竹中に連れていってもらってますが、
そのくらいのリズムも丁度いいのかもしれません。

ひとつ間違えたらと、危険を感じる場所もあります。
でも、毎度、竹中がアドバイスをくれたり、
先導しつつサポートもしてくれるので、
僕らも信頼して山を楽しませてもらっています。

この日は、とにかく水の音が印象的に記憶に残ってます。
YAVZ.COMのサウンドに浸かって回想。

愛情の滝の下、瑞々しい空気、アイスコーヒー。

EVER GREEN COFFEE ONLINE STORE

Ume no flower “In May 2023” Compilation

京都府与謝野町、
ドライフラワーをメインにしたお花屋さん、
Ume no flowerさんのお仕事を動画撮影させていただきました。

Ume no flower 沙耶さんに、
「なぜお花屋さんだったんですか?」
とお尋ねしたら、
「いちばん飽きなかったから」
と笑っておられました。

好きが作業に表れる丁寧なお仕事。

YAVZ.COMならバッチリ録音してくれて、
間違いないサウンドに仕上げてくれると思っていたので、
自分も音にフォーカスして撮影するイメージで、
楽しく撮らせてもらいました。


Ume no flowerさんのステキなお花は、
オンラインストアからでも購入できるそうです!
▶︎https://umenoflower.base.shop

Instagramはコチラです!
▶︎https://www.instagram.com/ume_no_flower

EVER GREEN COFFEE /「山と珈琲」/ 2023.06.05 / 六甲 西山谷 西山大滝

今回、EGC竹中がチョイスしてくれたコースは、西山谷の遡行。

数日前まで全国的な大雨だった影響もあり、
沢を流れる水の量はけっこう多め。
随所に滝もあり、
水の生命力に圧倒され、水しぶきに癒されました。

今回は、ひさしぶりに、
俺たちの切り込み隊長、PGヤマシも参加。
まあ、大きな声で、よく喋ります。

「わ!アメンボや」

「アメンボだ〜って〜♪」

「……あの曲のあそこ、なんでアメンボやったんですかね?」

問いかけてくる。

こちらが、全身で山に同調しようと集中してるとき、
余計なこと、めっちゃ問いかけてくる。。
ああ、ノイズが、、

録音の機材と手法を変えたというYAVZ.COMが、
水と同化したようにアンビエントなサウンドをデザイン。
あの日の登山が一瞬で蘇ります。

西山大滝を間近に感じながらいただいた、
コーヒートニックはマジで最高でした。

EVER GREEN COFFEE Instagram