“NO” SHORT SLEEVE T-SHIRT

自分との違いを否定することで、
自分を知ろうとしていた時期がありました。

しかも、そこに天性の品の無さが加わり、
汚い言葉で人を傷つけたり、
配慮の欠けた態度で人を傷つけたり、
散々してきてしまいました。

損なってしまったものや、蔑ろにしてしまったものの報いは、
少しすると、そのままの形で自分に返ってきました。
若さというよりは、未熟すぎたのだと省みています。

以来、
「NOよりYESを」
なるべくそう思って、生き直そうとしてきたつもりではあります。

ですが、最近、この国も、世界も、
いよいよもう本当にヤバいところまできていると感じています。
どん詰まってきた感を、切実に感じています。

嫌なことは嫌だとちゃんと言わないと、
もう本当に何も守れないと思います。

言っても、見向きもされないかもしれません。
自分の声などは、ただの小さなひとりの声かもしれません。

でも、黙りたくないです。
黙っている人が多いほうが、
無関心な人が多いほうが好都合な人たちから、
守りたいものを守れないかもしれない。

将来、若い世代に、
「おいジジイ!あんた、あのとき何にも言わなかったのか?」
と言われたとき、俺はこう言ったと、言えるようにしておきたいです。

「NO!」

CRAB WORKS ONLINE STORE